オートクチュール刺繍のキットにかける想い

オートクチュール刺繍キット・レシピの制作にかける小さな手芸屋さんの想いをご紹介します。
ステキな刺繍をいかに簡単に作れるようするか、、、どんなレベルの方でもできるように、、、とデザインと説明書にこだわりを持って、企画から製造までキット作りを手がけています。「かわいい」「キレイ」「おしゃれ」なのは大前提、その上で「作りやすい」ものを目指しています。

「思っていたより簡単だった」が最高の褒め言葉

オートクチュール刺繍キット

刺繍キットを作った方から聞いて一番嬉しいお言葉は、「簡単にできた」というご感想。時間をかけて作った甲斐があったと、とても報われた気持ちになります。
ただ綺麗で可愛いだけのキットなら簡単に作れますが、それをいかにわかりやすくレシピで伝えるかというのはすごく骨が折れる作業です。言葉の選び方、図解の描き方、どこで何につまづくだろうかと先回りした思考で説明を考えなければ上手くいきません。どんなに良いものでも、レシピの伝え方が悪ければ完成しないかもしれません。
キットはレシピが命と考え、推敲と計算を重ねて制作をしています。自社で一貫して企画生産する強みを活かして、ページ数の為に説明を割愛することも、技術を出し惜しみすることもありません。
そうして丹精に作ったレシピのおかげで、「簡単だった」と言ってもらえるのが私たちの1番の喜びです。

無理やりな作品は作らない

オートクチュール刺繍キット

刺繍作品を作るとき、まずはラフスケッチをして試作をします。そしてデザインやラインの修正を繰り返し、スケッチを図案に生まれ変わらせます。図案はスケッチとは違い、上手に作るための設計図のようなものでなければいけません。
下書きさえしっかりできていれば、誰でもきれいに完成させられるように図案を設計する、、、ということを目標に小さな手芸屋さんのキットは作られています。なので、どんなにカッコが良くても熟練の技や感覚を要求するような作品にはしないようにしています。そういったスキルがなくても、美しくて整った刺繍になるようにと心を込めてデザインをしています。

仕立てのこだわり

オートクチュール刺繍キット

刺繍と同じくらい手間がかかってしまうのが「仕立て」です。身につける作品作りには避けては通れない道です。刺繍は上手くいったのに仕立てで失敗したという経験もあるかと思います。
せっかくキットを買ってもらったのに、そうなっては残念です。そうはならないよう、なるべく失敗しないような仕立て方法を取り入れています。
どうやって1枚の布がブローチやネックレスに変身するのか、実際にやってみないとなかなかわからないものです。また、その手法を学ぶ事以外に、仕立て材料を揃えるということも難しいかもしれません。その問題を解決し、これからのお客様ご自身の作品作りに活かすため、キットから学び・経験をするという事も上達法の1つです。そのため、「独学をサポートする教科書的なキット」というのも当店のキット作りにおけるコンセプトとなっています。

当店では、オートクチュール刺繍の魅力があふれる刺繍キットを企画・製造・販売しております。キット作りに必要なクロシェや針、刺繍枠などの刺繍道具から、高品質なフランス製のスパンコールやチェコシードビーズなども豊富に取り揃えております。気持ちの良いお取引で素晴らしいお品を手に入れたい方はぜひ当店をご利用くださいませ。

オートクチュール刺繍の材料を通販でお探しなら

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-207 *実店舗はございません
TEL 045-642-4992/070-6646-8407
URL https://petitemercerie.com
概要 ビーズ刺繍・オートクチュール刺繍の材料をお求めなら、スパンコールやビーズを販売する【小さな手芸屋さん】をご利用下さい。
全5商品
おすすめ順 価格順 新着順
1