【ビーズ刺繍】刺繍のやり方

簡単に取りかかれて、少しの材料からチャレンジしやすい「ビーズ刺繍」。
【小さな手芸屋さん】では、ビーズやスパンコールの縫い付け方を分かりやすいビデオで公開しております。

では、早速見ていきましょう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

スパンコールの縫い付け方

オートクチュール刺繍でよく使われるのが、この「スパンコールを連続して半重ねに縫い付ける方法」です。

スパンコールが隙間無く連なるので、線を表現したり、面を埋める時に最適です。
1. 図案のスタート地点から、さらに進行方向へスパンコールの半径分離れた所に針を出します。

2. スパンコールを1枚、表面から針に通し、スタート地点へ戻る様に針を刺します。

3. 次は、1枚目のスパンコールから進行方向に向かって、スパンコール半径分離れた所に針を出します。

4. 2と同様に、スパンコールを1枚表面から針に通し、1枚目のスパンコールのすぐそばに戻る様に針を刺します。

5. 3-4を繰り返し、図案線の端まで縫い留め、裏で玉結びします。

スパンコールの縫い付け方

ビーズとスパンコールを組み合わせた縫い付け方

次は、「ビーズとスパンコールを組み合わせた縫い付け方 」です。

まずは、ビーズとスパンコールを使ったステッチで、ビーズがスパンコールの上に、ちょこんと乗っかるような縫い方です。
1. 針を出し、スパンコール1枚を裏面から、ビーズも1粒、針に通します。

2. スパンコールだけを糸の根本に下ろして生地の上に据え、そのスパンコールの穴を通るようにして針を生地に刺します。

ビーズとスパンコールを組み合わせた縫い付け方

ビーズとスパンコールを組み合わせた縫い付け方

続いて、「ビーズとスパンコールを組み合わせた縫い付け方 」その△任后

この縫い方で放射状に縫うと、丸いスパンコールでも、お花の花弁のように見えます。
1. 針を出し、ビーズ数粒とスパンコール1枚を針に通し、ビーズと同じ長さ分離れたところに針を刺します。

2. スパンコールの片側にビーズが乗っかるように縫いとめられます。
ビーズとスパンコールを組み合わせた縫い付け方

ビーズ刺繍に必要な道具

ビーズ刺繍をするには、ビーズやスパンコールの他に、刺繍をする布、刺繍枠、刺繍糸、ビーズ刺繍針などがあるとよいでしょう。

特に、ビーズ刺繍針は粒の小さなビーズを通す為にも、用意しておくと便利なアイテムです。
極細の針は、刺繍も大変綺麗に仕上がります。

ビーズ刺繍針は日本製のものもありますが、どれも少し太めなものばかりで、繊細なチェコビーズやヴィンテージビーズを刺繍するのには向かないことがあります。

【小さな手芸屋さん】のビーズ刺繍針は、イギリスの「John James」製。
日本製のものよりも細く、小粒なビーズも通ります。
一度使って頂くと、その使い心地に欠かせないアイテムとなるでしょう。
ぜひお試しくださいませ♪
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

同じ種類のスパンコールやビーズでも、縫い付け方によって色々な表現ができます。

なかなかデザインが浮かばない時には、材料自体の魅力を活かして、シンプルに縫い付けてみてもよいかもしれません。

ビデオをご参考に、ぜひ刺繍の時間をお楽しみください♪

ミニコラム一覧

オートクチュール刺繍の材料を通販でお探しなら

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-405 *実店舗はございません
TEL 045-873-2336/070-6646-8407
URL https://petitemercerie.com
概要 ビーズ刺繍・オートクチュール刺繍の材料をお求めなら、スパンコールやビーズを販売する【小さな手芸屋さん】をご利用下さい。
全2商品
おすすめ順 価格順 新着順
1