トップホールスパンコールで作るお花の刺繍

トップホールスパンコールはお花の様に刺繍する使い方がおすすめです。
花弁の枚数、組み合わせる材料、花芯の大きさなどをアレンジして、様々なお花を表現することが可能です。
トップホールスパンコールの重なり方で印象がかなり変わります。
可愛いお花ができる縫い方、アレンジ方法をご紹介します。

トップホールスパンコール 4枚のシンプルなお花

トップホールスパンコール 4枚のシンプルなお花
1, 中心に3mmパールを縫い付けます
2, パールの周りにトップホールスパンコールとビーズを一緒に縫い付けます。
    パールの際から針を出して、ビーズ1粒+スパンコール1枚の順に針に通し、
    外に向かってビーズと同 じくらいの長さで縫います。放射状に計4セット刺繍します。

トップホールスパンコール6枚の少し立体的なお花

トップホールスパンコール6枚の少し立体的なお花
1, 中心に3mmパールを縫い付けます
2, パールの際に針を出して、ビーズ1粒+スパンコール1枚+ビーズ1粒の順に針に通し、
    外に向かってビーズと同じくらいの長さで縫います。放射状に計6セット刺繍します。

トップホールスパンコールをたくさん使った大きなお花

トップホールスパンコールをたくさん使った大きなお花
1, 中心に3mmパールを1粒つけ、その周りにさらに6粒のパールを縫い付けます
2, 1の周りに、ビーズ1粒+スパンコール1枚+ビーズ1粒を放射状に計12セット刺繍します

トップホールスパンコールを折り曲げたお花

トップホールスパンコールを折り曲げたお花
1, 中心に3mmパールを縫います
2, トップホールスパンコールの中心を折り曲げます(表が谷側)
3, パールの周りに、折ったスパンコールを放射状に6枚刺繍します

トップホールスパンコール の折り曲げ方

大きなサイズのスパンコールは、半分に折って更に立体的に刺繍することができます。
折る方法は簡単、何かの角に添えて手でキュッと折るだけです。
何度も繰り返し折り曲げると割れてしまいます。一度でサッと折るのがコツです。
スパンコールは沢山重ねて付けても軽く、身に付ける場合も負担になりません。
刺繍アクセサリー、イヤリング、ピアス、ネックレスや指輪の装飾に最適です。
トップホールスパンコールで世界にひとつの特別なアクセサリーを作ってみてください。

オートクチュール刺繍の材料を通販でお探しなら

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-405 *実店舗はございません
TEL 045-642-4992/070-6646-8407
URL https://petitemercerie.com
概要 ビーズ刺繍・オートクチュール刺繍の材料をお求めなら、スパンコールやビーズを販売する【小さな手芸屋さん】をご利用下さい。
全6商品
おすすめ順 価格順 新着順
1