ミニコラム

オートクチュール刺繍についての知識や作品づくりの参考になるお話などをわかりやすく書いたコラム記事です。 初心者の方はもちろん、経験者の方にもためになり、楽しんでもらえるような内容ですので、ぜひ読んでみてください。

刺繍のデザインの練習方法

刺繍はできるけど、オリジナルのデザインができない、、、とお悩みの方へ。絵が上手でなくてもデザインはできます。デザインをするコツや流れさえわかれば、練習次第で上達することも可能です。まずはやり方を知って、オリジナル作品作りを実践してみましょう。


もっと読む

オートクチュールの始まりと条件

伝統のあるフランスのオートクチュール刺繍で施されたドレスは、とにかく豪華で着る者も見る者も魅了します。オートクチュールは、オーダーメイドの上質な素材を用いて作られた高級服やそのメゾンのことを指しますが、いつから始まりどのような条件を満たしているものなのでしょうか?


もっと読む

リュネビル刺繍の歴史

リュネビル刺繍

リュネビル刺繍とは、フランスのロレーヌ地方のリュネビルを中心に発展した刺繍です。リュネビルの遺産ともいわれるリュネビル刺繍は、ロレーヌ地方の人々にとってまるで宝物のような、かけがえのないものです。リュネビル刺繍には、どのような歴史があるのでしょうか?


デザインセンスの磨き方

刺繍のデザインの仕方

クロシェや針、糸、刺繍枠など、道具を揃えてご自宅でオートクチュール刺繍を楽しんでいる方はたくさんいらっしゃると思います。楽しんで作ることが一番大切ですが、もっと上を目指したいという場合、デザインの考え方で迷うことが多いと思います。中には、「自分にはデザインセンスがない」とネガティブに考える方もいらっしゃいますが、デザインセンスは生まれ持ったものだけでなく、これからも磨くことができます。


刺繍キットができるまで

オートクチュール刺繍キット

オートクチュール刺繍キット・レシピの制作にかける小さな手芸屋さんの想いをご紹介します。ステキな刺繍をいかに簡単に作れるようするか、、、どんなレベルの方でもできるように、、、とデザインと説明書にこだわりを持って、企画から製造までキット作りを手がけています。「かわいい」「キレイ」「おしゃれ」なのは大前提、その上で「作りやすい」ものを目指しています。


刺繍の仕立て方 簡単なやり方

刺繍の仕立て方

刺繍のブローチの仕立て方の超・簡単法をご紹介します。仕立て材料さえ集めれば、難しいテクニック不要でできます。初めてのオートクチュール刺繍で、まずは完成品を作って満足したい!という方、仕立てに時間をかけたくないという方にオススメです。


スパンコールの活用法

フランス製スパンコール

ビーズ刺繍にも欠かすことのできないスパンコールは、アレンジ次第で刺繍以外にも様々なシーンで活用することができます。キラキラしたスパンコールからお花型の可愛い形のものなど、活用の幅を広げることでさらにその魅力を楽しむことができるでしょう。


チェコビーズの魅力

珍しいチェコビーズ

ビーズ刺繍に最適なチェコ産のビーズには、ベネチアングラスやボヘミアングラスの流れを経た長い歴史があり、高いガラス加工技術が培われてきました。その優しい丸みと温かみがある雰囲気が魅力的なチェコビーズは、ファンが多く人気も高いです。


オートクチュール刺繍を取り入れてみよう

オートクチュール刺繍ブローチ

アクセサリーやコサージュ、バックやお洋服のアクセントなど様々なシーンで活躍するオートクチュール刺繍は、お洒落を楽しむのには欠かせない存在です。オートクチュール刺繍を取り入れて、楽しい毎日をすごしませんか?


スパンコールやビーズのお洗濯方法

スパンコール刺繍

ビーズやスパンコールを使ったオートクチュール刺繍は、洋服を豪華にリメイクすることができます。しかし、ビーズやスパンコールが付いている洋服の取り扱いには注意が必要です。ビーズやスパンコールが付いていない洋服のように、普通に洗濯機で洗ってしまうと、風合いが損なわれることもあります。ビーズやスパンコールの付いた洋服のお手入れには、細心の注意が必要です。


スワロフスキー…実は会社の名前!

スワロフスキーラインストーン

スワロフスキーといえば、ラインストーンを思い浮かべる方も少なくないと思いますが「ラインストーン=スワロフスキー」ということではありません。クリスタルガラス全般をスワロフスキーと呼ぶこともありますが、実はオーストラリアのチロル州に本店を置くクリスタルガラス製造会社の名前です。スワロフスキー社にしかないその高い技術は、世界中で長い間愛され続けています。


ヴィンテージとアンティークの違い

ヴィンテージビーズ

ビーズ刺繍をより引き立たせるためには、ヴィンテージビーズを取り入れることをおすすめします。ヴィンテージのビーズやスパンコールは、経年によって創り出される独特な魅力があります。しかし、同じようにアンティークにも様々な魅力があります。ヴィンテージとアンティークにはどのような違いがあるのでしょうか?


刺繍アイデアを引き出すためのヒント

刺繍のデザインのやり方

アイデアはゼロから生まれる「ひらめき」とは違い、自分が持っているアイデアやすでにある要素と組み合わせることで「新しいアイデアが生まれる」のです。そのため、もし発想が浮かばなくて悩んでいるのであれば、まずはアイデアの切れ端を情報収集していくことが大切です。


オートクチュール刺繍の材料を通販でお探しなら

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-207 *実店舗はございません
TEL 045-642-4992/070-6646-8407
URL https://petitemercerie.com
概要 ビーズ刺繍・オートクチュール刺繍の材料をお求めなら、スパンコールやビーズを販売する【小さな手芸屋さん】をご利用下さい。
全58商品
おすすめ順 価格順 新着順
1 2 3 4 >