刺繍枠の下準備 布テープの巻き方

刺繍枠
オートクチュール刺繍に欠かせない刺繍枠。

リュネビル刺繍は、両手を使って刺繍をする為、布は刺繍枠に張ってあることが必須。
また、オートクチュール刺繍に限らず、刺繍をするときは、刺繍枠がないと綺麗に仕上がりません。

生地を枠にピンと張ることにより、針も刺しやすくなります。

ただし、単に生地を刺繍枠にはめるだけでは、なかなかしっかりとは張れません。
そのため、下準備が必要になります。

刺繍枠を使う前には、内枠パーツに滑り止め用の布テープを巻きつけます。
そうすると、生地が弛まずにしっかりと張ることができます。


刺繍枠に布テープを巻く為に必要なもので、主な道具と良く使われる材料です。

必要な道具

・布テープ
・刺繍枠
・セロテープ
・針と糸


では、早速見ていきましょう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

布テープの巻き方

用意するもの

用意するもの
・布テープ

薄手の杉綾テープ(幅20mmくらい)、もしくは、薄手のコットンをテープ状にカットしたものが適しています。
お気に入りの色や、可愛い柄のテープを使うと、より刺繍の時間が楽しくなります。

・刺繍枠

【 小さな手芸屋さん 】の丸刺繍枠は、特有の芳香や抗菌効果もあると言われるヒノキ材でできています。
美しい光沢と滑らかで優しい雰囲気を持った日本製の刺繍枠です。
刺繍を完成させたあと、この枠をそのままフレームとして飾るのも素敵な使い道です。

・セロテープ

・針と糸

糸は2本どりにし、端は玉結びしておきます。

手順

手順
※ 注意

テープを巻く時は、テープ同士が重ならないように、そして緩まないように、出来るだけ ぴったりとキツく巻きつけましょう。
刺繍枠
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ぜひ、刺繍を始める前に、刺繍枠の準備をしましょう。
生地がしっかりと張れていないと、刺繍がしにくく、作品の出来栄えに影響が出てしまいます。
せっかくだったら、綺麗に仕上げたいですよね。

快適に刺繍を続けるためにも、道具の下準備は尚更大事です。
大切な準備作業を最初に丁寧にしておけば、より長く刺繍の時間を楽しめます。


刺繍枠に布テープを巻けたら、早速 刺繍をしてみましょう!


【 小さな手芸屋さん 】の刺繍枠(3点セット)は、買っていただいたあとすぐに準備ができるように、滑り止め用の布テープを巻いた状態でお届けいたします。
これから刺繍を始めてみたい方におすすめの、便利なセットです。

オートクチュール刺繍の材料を通販でお探しなら

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-405 *実店舗はございません
TEL 045-873-2336/070-6646-8407
URL https://petitemercerie.com
概要 ビーズ刺繍・オートクチュール刺繍の材料をお求めなら、スパンコールやビーズを販売する【小さな手芸屋さん】をご利用下さい。
全2商品
おすすめ順 価格順 新着順
1