【トップホールスパンコール】8mm ニソワゴールド【約150枚入り】

おとくなポイント Master Card, VISA, American Express, JCB
Home オートクチュール刺繍とは 刺繍のやり方 ワークショップ イベント ご利用案内 よくある質問 お客様の声 ブログ マイアカウント お問い合わせ
オートクチュール刺繍作品
オートクチュール刺繍作品 ポーチ オートクチュール刺繍作品 立体的なバラ オートクチュール刺繍作品 ブローチ

オートクチュール刺繍ってどんな作品が作れるの?どんなビーズやスパンコールを使ったらいいのだろう?そんなお客様必見のオートクチュール刺繍作品例のご紹介です。

イベント・催事のお知らせ
フランス・イタリア製糸通しスパンコール

フランス・イタリアから直接仕入れている、日本ではめずらしい糸通しスパンコール。オートクチュールには欠かせない貴重な材料です。

糸通しチェコビーズ

スリーカット、シャーロット、ヴィンテージ、丸小からミクロなビーズまで、たくさんの種類とカラーのラインナップ。

刺繍枠回転

くるっと360°回転するオススメの刺繍枠アタッチメント。刺繍のサイズに合わせて刺繍枠は使い分けが可能です。

About us
オートクチュール刺繍のお店
小さな手芸屋さん petite mercerie

刺繍や手芸を愛するお客様のために、日本では手に入りづらい貴重な材料を販売するお店です。
自身も刺繍作家として活動しながら、刺繍のやり方や材料の扱い方、作品例などもお客様に提案しています。
刺繍や手芸に興味を持っていただけるきっかけのお店として、また材料探しのお手伝いをさせていただくお店として活動をしております。

アトリエブログ

メルマガ登録
営業日カレンダー
今日の店長

2019年7月22日
今年は瀬戸内芸術祭が開催している年とのことで、急に行きたくなりました。ついでに1dayレッスンができないか、場所を探しています。ホテルも空いてるといいけど、、、計画を立てるのが楽しくなってきました!

商品名:【トップホールスパンコール】8mm ニソワゴールド【約150枚入り】

定価: 1,360円(税込)
販売価格: 1,360円(税込)
在庫数: 残り14です
購入数:

特定商取引法に基づく表記(返品など)

柄入りのトップホールスパンコール

トップホールとは、穴が端の方に空いているスパンコールの種類のひとつです。
穴は1個であることがほとんどですが、2個や4個など複数空いているデザインもあります。

これはフランス製で、オートクチュールの本場パリで使われている高級品。
美しい輝きと色で、とても見栄えがよいものを作ることができます。

オリジナリティがでる模様入りスパンコール

ゴールド色の縞模様が描かれています。
ベースは虹色に輝く透明なスパンコールで、淡いゴールドに馴染み、全体的にうっすらとしたシャンパンゴールドのような色合いです。
甘いベージュ色の代わりにもなります。

黒のニソワとは違い、すごくはっきりと柄が出てきません。
強いアクが苦手な方にとっては、より使いやすいニソワになりました。
小さな手芸屋さん特注の色合いです。

トップホールパンコールの刺繍方法

1, フラットに縫い付ける方法
スパンコールの端から穴に向かって縫い付けます

トップホールスパンコールの刺繍

2, 立体的に縫い付ける方法
小さなビーズと一緒に縫い付けます

トップホールスパンコールの刺繍

より詳しくは当店のブログ記事もご参考ください>>>

商品の詳細

サイズ・形直径8mm トップホール
薄い金色の縞模様が虹色輝きの透明スパンコールに描かれています
原産国フランス製
数量約150枚入り(バラ)
配送ゆうパケット、レターパック、ゆうパック

*製造時期により色合いが多少異なる場合がございます。

このスパンコールに合う刺繍糸や刺繍針

他の柄入りスパンコール

フランス製スパンコールの特徴

  1. 美しい輝き・・・アジア製のものとは比べものにならないような高級感
  2. 豊富なカラーバリエーション・・・ミルキーなもの、パウダリーなもの、貝のようなもの、透明感のあるものなど様々な種類があります
  3. 高品質・・・形が揃っていて、見栄えがいいです

フランスのメーカーが誇りと職人技をもって製造しています。
小さな手芸屋さんでは、そのクオリティを損なわないように最適な湿度・室温で在庫保管し、検品・梱包をしてお客様にお届けします。

オートクチュール刺繍、ビーズ刺繍以外の使い道

  • ビーズステッチなどのビーズ細工用に
  • レースやビーズクロッシェなどの編み物用に
  • テグスに移し替えてネックレスやブレスレットに
  • レジンに閉じ込めたり、貼り付けてデコ用に
このページの先頭へ