オートクチュール刺繍作品ギャラリー お花スパンコールのくるみボタン風刺繍

おとくなポイント Master Card, VISA, American Express, JCB
Home オートクチュール刺繍とは 刺繍のやり方 ワークショップ ご利用案内 よくある質問 お客様の声 ブログ マイアカウント お問い合わせ
冬のスペシャルイベント
ビーズアートショー出店
オートクチュール刺繍作品
オートクチュール刺繍作品 ポーチ オートクチュール刺繍作品 立体的なバラ オートクチュール刺繍作品 ブローチ

オートクチュール刺繍ってどんな作品が作れるの?どんなビーズやスパンコールを使ったらいいのだろう?そんなお客様必見のオートクチュール刺繍作品例のご紹介です。

イベント・催事のお知らせ
フランス・イタリア製糸通しスパンコール

フランス・イタリアから直接仕入れている、日本ではめずらしい糸通しスパンコール。オートクチュールには欠かせない貴重な材料です。

糸通しチェコビーズ

スリーカット、シャーロット、ヴィンテージ、丸小からミクロなビーズまで、たくさんの種類とカラーのラインナップ。

刺繍枠回転

くるっと360°回転するオススメの刺繍枠アタッチメント。刺繍のサイズに合わせて刺繍枠は使い分けが可能です。

About us
オートクチュール刺繍のお店
小さな手芸屋さん petite mercerie

刺繍や手芸を愛するお客様のために、日本では手に入りづらい貴重な材料を販売するお店です。
自身も刺繍作家として活動しながら、刺繍のやり方や材料の扱い方、作品例などもお客様に提案しています。
刺繍や手芸に興味を持っていただけるきっかけのお店として、また材料探しのお手伝いをさせていただくお店として活動をしております。

アトリエブログ

メルマガ登録
営業日カレンダー
今日の店長

2018年12月16日
神戸のビーズアートショーにお越しくださいましたみなさま、どうもありがとうございました!こちらもとても貴重な経験となり、ますます励みとなりました♪

柄入り花のスパンコール フランス製花のスパンコール 花の形のスパンコール 花の形のスパンコール 花の形のスパンコール

〜幻想的な色合いのスパンコール使い〜
レシピあります

色彩が幻想的な柄入りスパンコールを使った作品です。お花のスパンコールの形を活かし、立体的で珊瑚のように密集した刺繍アクセサリーにしました。
仕立てる時に中に詰め物をしてくるみボタンのようにしています。包み金具を使っていない分軽く、柔らかな装着感です。この仕上げ方法は他の刺繍作品にも応用できるはず。簡単に完成度の高いものができるようになります。


ビーズ刺繍のやり方と仕立て方

必要な材料:
5mmのお花スパンコール丸小サイズのビーズ、刺繍糸、生地、フェルト、透かしパーツ、アクセサリー金具

使う道具:
ビーズ針、糸切りはさみ、刺繍枠

図案:
中心となる点から直径6mmの円を描き、6mmずつ直径の大きな円を同心円状に描いて好きな大きさにしてください

ビーズ針にビーズを通す

まず外側から刺繍をはじめます

1、ビーズ針に刺繍糸を2本取りにし、生地の裏から針を出します
針にビーズ1粒+スパンコール1枚+ビーズ1粒を通します


針を刺すところ

2、3mm離れたところに針を刺します


針を出すところ

3、2で刺繍したビーズから3mm離れたところに針を出します
針にビーズ1粒+スパンコール1枚+ビーズ1粒を通します


針を刺すところ

4、2で刺繍したビーズのキワに針を刺します


針を出すところ

5、4で刺繍したビーズから3mm離れたところに針を出します
針にビーズ1粒+スパンコール1枚+ビーズ1粒を通します


返し縫い

6、4~5を繰り返します

☆返し縫いと同じです


糸通しのスパンコール

7、スパンコールを針に移すときは、糸通しのままで順番に一枚ずつ取ると綺麗なクラデーションに出来上がります


外周の出来上がり

8、外側が一周できました


内側も刺繍する

9、内側も同様に刺繍します


刺繍の中心

10、全部の円が刺繍できると最後に中心点が残ります


中心を刺繍する

11、中心のに針を出します


針にスパンコールを通す

12、針にビーズ1粒+スパンコール1枚+ビーズ1粒を通します


刺繍の中心

13、中心を刺します


刺繍の完成

14、中心が刺繍されました


刺繍の細部

15、スパンコールがビーズに立てかかるような感じになっています


刺繍糸の提案

16、刺繍糸にグラデーション糸を選んでも素敵です


裏の仕立て

17、フェルトを出来上がりの大きさより一回りずつ小さい円に切ります
大きさに合わせて数枚用意します


金具のつけ方

18、一番小さなフェルトを刺繍の裏に縫いつけます

表から目立たないよう少しずつ、2-3回縫ってください


金具のつけ方

19、二番目に小さなフェルトを18に重ね、同様に縫いつけます


金具のつけ方

20、小さなフェルトから順に縫いとめ、最後に一番大きなフェルトを縫いとめます


金具のつけ方

21、刺繍の周りをぐるりと一周なみ縫いします

☆出来上がりの端から、「刺繍の出来上がりの円の半径マイナス4mm」外側を縫ってください
★縫い始めの糸端は玉結びをしておき、縫い終わりの糸端は結ばず、切らずに、工程24までそのまま出しっぱなしにしておいてください


金具のつけ方

22、21の4mm外側をハサミで切り取ります


金具のつけ方

23、切り取りました
まだ糸は出しっぱなしです


金具のつけ方

24、出しっぱなしにしていた糸を引き締め、裏面にギャザーを寄せます
綺麗なドーム状になるよう調整しながら引き締めてください
いい形になったら玉結びして糸を切ってください


金具のつけ方

25、中のフェルトが土台になってふっくらとしています


金具のつけ方

26、裏面の余白に合うサイズの透かしパーツを用意します


金具のつけ方

27、透かしパーツの端をまつって縫いとめます


金具のつけ方

28、ブローチピンやピアス金具など、お好みのアクセサリーパーツを接着剤でつけます


金具のつけ方

29、珊瑚のような可愛らしいアクセサリーができました


このページの先頭へ