カラーパールとスパンコールの刺繍アクセサリー

  • 花スパンコールの刺繍アクセサリー
  • 花スパンコールの刺繍アクセサリー
  • 花スパンコールの刺繍アクセサリー
  • 花スパンコールの刺繍アクセサリー

〜ビーズ刺繍で簡単かわいい♪ 刺繍アクセサリ〜
レシピあります

小さなお花スパンコールとカラーパールをアクセントにした刺繍です。花びらには大きめの6mm亀甲スパンコールを使って、立体感を出しています。
耳飾りや指輪、ペンダントトップ、もちろんブローチにしても可愛いデザイン☆
材料の組み合わせや順番を変えて、アレンジ違い・色違いを作るのも楽しいです!



刺繍のやり方 レシピ

刺繍材料:
4mmのお花スパンコール
6mmの亀甲スパンコール
2mmの丸パール
3cutビーズ
刺繍糸

刺繍道具:
細めのビーズ針
* 糸切りはさみ

あると便利:
刺繍枠

仕立て用:
両面接着芯
* アイロン
* 皮
* 接着剤

図案:ダウンロードしてから印刷してください

下書き

1、オーガンジーに下書きをします

刺繍材料

2、材料を揃え、ビーズ刺繍針に刺繍糸を2本取りにし、端に玉結びをします

スパンコールとビーズ

3、外側の円から伸びる線に沿って、ビーズ1粒+花スパンコール1枚+6mm亀甲スパンコール1枚をいっぺんに縫い付けます

刺繍のやり方

6mm亀甲スパンコールの凹んでいる面の上に、お花スパンコールが重なるようになります

外側が完成

4、同じ要領で一周分を刺繍します

内側の刺繍

5、内側の円から伸びる線に沿って、2mmパール1粒+ビーズ1粒+6mm亀甲スパンコールをいっぺんに縫い付けます

刺繍の拡大図

6mm亀甲スパンコールの凹んでいる面の上に、ビーズとパールが乗るようになります。

スパンコールは、外側のビーズが土台となり、立体的になります。

内側の円が完成

6、同じ要領で一周分を刺繍します

中心の刺繍

7、中央の点に針を出し、パール1粒+お花スパンコール1枚+ビーズ1粒を針に通し、

針を刺す部分

お花スパンコールとパールの穴を通るように針を刺します

中心がついたところ

お花が立つように刺繍できました

刺繍が完成

8、同じ要領で周りの点にも刺繍します

バリエーション

色や材料の数・順番などをアレンジして、お好みのデザインを探してみましょう!

刺繍の仕立ての裏

9、刺繍を仕立てます

刺繍の裏に両面接着芯をアイロンで貼ります
*スパンコールが溶けないように、アイロンの温度や当て方に注意してください!

仕立ての裏

10、刺繍の周りを5-7mmくらい大きく切り、切り込みを入れます

布を内側に折る

11、布を内側に折り込み、アイロンで軽く抑えます

皮パーツ

12、刺繍の裏面と同じ大きさに切った皮を用意します

金具のつけ方

13、皮にピアス金具やブローチピンを取り付けます

裏の付け方

14、刺繍と皮を合わせて、周りをまつり縫いします

刺繍の仕立て

15、出来上がり!

仕立ての裏

裏面はこんな感じです

刺繍をするとき、オーガンジーではなく、フェルトを使うと仕立てはもっと簡単になります。
デザインや仕立て方を変えて、お気に入りの刺繍アクセサリーを作ってみてください☆


使用した刺繍材料・刺繍道具はこちら

全11商品
おすすめ順 価格順 新着順
1