【オートクチュール刺繍】クロシェの針 #90

価格 674円 (税込)
在庫数 残り18です
個数

カットの有無
おすすめの2cmカット
カットなし

この商品について問い合わせる

特定商取引法に基づく表記(返品など)

刺繍のバリエーションが広がるちょっと太めなかぎ針

オートクチュール刺繍で使う「クロシェ・ド・リュネビル」の替え針の90番サイズです。

最も良く使用する80番と比べ、90番はひと回り太め。30~50番手くらいの糸でステッチする場合や、80番針だと糸がひっかかって上手くできないときにはこの90番を使うと便利です。

80番だとかぎ針が小さ過ぎて見えない!なんて時には、いっそ90番を使って目のストレスを減らしてあげましょう。

90番の使用例

  • クロシェ・ド・リュネビルの90番針の使用例
  • A ・DMCなどの25番刺繍糸(6本撚りのうちの1本)と金糸1本の2本取りでチェーンステッチ

    B ・フィラガン(オートクチュール刺繍糸)と金糸1本の2本取りで。
    (2色のフィラガンでステッチしてもおもしろいです。)

    C・50番手の綿糸で。輪っかがふんわりとするように加減するとボリュームがでて存在感が増します。

    D・40番手くらいのポリエステル糸で。撚りの甘い合繊の糸は90番を使うとスムーズにできます。

    E・太めの無撚糸(撚りの掛かっていない繊維が何本も合わさった糸)で。無撚糸は引っかかりやすいので90番がオススメです。

この針は当店で販売している、
【オートクチュール刺繍】クロシェの専用柄【70~90番用】
【オートクチュール刺繍】クロシェセット #70~90の柄 に取り付ける事ができます。

針が折れたり曲がったりした時以外にも、落として先端の形が変わってしまい使いづらくなった場合などは針を交換してください。

針の交換方法

  • 1、クロシェの柄のネジをゆるめます
  • 2、古い針を抜きます
  • 3、新しい針を差し込みます
  • 4−1、針をペンチで傷つかないようにはさみつつ、柄のネジとかぎ針の向きが揃うように調整します
    ★ 向きがずれるとステッチしにくいです
  • 4−2、針先が1cmくらい出るように調整します
    ★ 針先が長すぎるとステッチしにくいです
  • 5、柄のネジを締めます

★替え針はカットをしないと柄に入りません。通常は針先から2cmにカットしてお届けしております。
★カットなしご希望の方はオプションで「カットなし」をご選択下さい。

商品の詳細

針のサイズ90番 カットしない時の長さ 5.9cm(取り付けられる部分の長さは最大3cmです。)
数量かぎ針のみ1本
配送ゆうパケット、レターパック、ゆうパック