レシピ付き・お花のスパンコールのがま口

  • 花のスパンコールのがま口
  • 花モチーフのスパンコール

〜こんもりかわいいお花のモチーフ〜
レシピあります

ビーズ針で簡単にできるお花の作り方をご紹介。こんもりふくらんだ立体感がキュート!いろいろな作品で応用できる便利なテクニックです。
作品例にはお花の形をしたスパンコールを使用しました。
小さな花びらがもぞもぞっとした感じになり、よりガーリーな雰囲気です。
使うスパンコールのサイズや形によって、花びらの枚数やステッチの本数をアレンジして、お好みのお花に仕立てられます。



ビーズ針で簡単!お花の刺繍のやり方

必要な材料:
* スパンコール(直径4~5mmのもの)
* ビーズ(特小サイズ)
* 糸(ビーズ針に入る太さならなんでもOKです)
* 生地

使う道具:
* 刺繍枠(丸いのでも四角いのでもいいです。)
* ビーズ針(12~13号がおすすめ)
* 糸切りはさみ

花の1、スパンコールとビーズ

1、ビーズ針に糸を2本取りで通し、先端玉結び(2回)。
生地の裏からお花の中心になる部分に針を出します。

2、ビーズ1粒・スパンコール1枚・ビーズ1粒・スパンコール1枚・ビーズ1粒・スパンコール1枚・ビーズ1粒の順に針に通します。

花のスパンコールとビーズ

3、針の出ているお花の中心から外側に向かって5mm位離れた所に針を刺します。

花のスパンコールとビーズ

花びら1枚分できたところ。

花のスパンコールとビーズ

4、またお花の中心に針を出し、十字方向に、残り3花びら分同じステッチを繰り返します。

花のスパンコールとビーズ

5、お花の出来上がりが最終的に丸い外周を描くように、空いてる部分を埋めます。
お花の中心から4の十字と対角方向に、1枚目のスパンコールが立ち上がっているあたりに針を出します。

花のスパンコールとビーズ

6、ビーズ1粒・スパンコール1枚・ビーズ1粒の順に針に通します。

花のスパンコールとビーズ

7、外側に向かって、4の十字と対角方向に3mmくらい離れたところに針を刺します。
ここでのポイントは、出来上がった時に丸い外周を描けるようにステッチの長さを調節して針を刺すことです。

花のスパンコールとビーズ

外側の花びらが1枚できあがったところ。

花のスパンコールとビーズ

8、残りの3箇所同じステッチを繰り返せば、まんまるお花の完成!!



背景のビーズとスパンコールの付け方

必要な材料:
* スパンコール(4mm亀甲)
* ビーズ(丸小サイズ)

花のスパンコールとビーズ

1、生地の裏から針を出し、ビーズ2粒・スパンコール1枚(亀甲のへこんでいる面から)を通します。

花のスパンコールとビーズ

2、4~5mmくらいの長さ(ビーズ2粒分の長さと同じ)でステッチします。
適度な空間を残しながら、同じことを繰り返してまんべんなく背景を埋めます。
ステッチする向きが揃わないよう、四方八方にランダムに刺して下さい。

花のスパンコールとビーズ

できあがり!!

お好みの材料を使っていろいろお試し下さい☆


使用した刺繍材料・刺繍道具はこちら

全5商品
おすすめ順 価格順 新着順
1