海外発送/国際配送サービスの転送コム

【オートクチュール刺繍】クロシェセット #90【刺繍の説明書つき】

おとくなポイント Master Card, VISA, American Express, JCB, PAYPAL
Home オートクチュール刺繍とは 刺繍のやり方 ワークショップ ご利用案内 よくある質問 お客様の声 ブログ マイアカウント お問い合わせ
オートクチュール刺繍作品
オートクチュール刺繍作品 ポーチ オートクチュール刺繍作品 立体的なバラ オートクチュール刺繍作品 ブローチ

オートクチュール刺繍ってどんな作品が作れるの?どんなビーズやスパンコールを使ったらいいのだろう?そんなお客様必見のオートクチュール刺繍作品例のご紹介です。

フランス・イタリア製糸通しスパンコール

フランス・イタリアから直接仕入れている、日本ではめずらしい糸通しスパンコール。オートクチュールには欠かせない貴重な材料です。

糸通しチェコビーズ

スリーカット、シャーロット、ヴィンテージ、丸小からミクロなビーズまで、たくさんの種類とカラーのラインナップ。

刺繍枠四角

アクセサリー作りや、ちょっとした試作などに重宝する大きめの四角い刺繍枠。お部屋のスペースを取らない、コンパクトなサイズでオススメです。

About us
オートクチュール刺繍のお店
小さな手芸屋さん petite mercerie

刺繍や手芸を愛するお客様のために、日本では手に入りづらい貴重な材料を販売するお店です。
自身も刺繍作家として活動しながら、刺繍のやり方や材料の扱い方、作品例などもお客様に提案しています。
刺繍や手芸に興味を持っていただけるきっかけのお店として、また材料探しのお手伝いをさせていただくお店として活動をしております。

アトリエブログ

メルマガ登録
営業日カレンダー
今日の店長

2017年12月8日
来年2月に開催の素材博覧会in横浜に出店しようか悩んでいます。真冬は体調管理が難しくてあまり出かけないのですが、皆さんはどうでしょうか。体調を合わせられるか不安で見合わせていましたが、ここに来て在庫が山のようになって流ので、出ないとまずいかも、、、となっています。どうしようかもう少し悩んでみます。

商品名:【オートクチュール刺繍】クロシェセット #90【刺繍の説明書つき】

定価: 5,680円(税込)
販売価格: 5,680円(税込)
在庫数: 売り切れました
SOLD OUT
特定商取引法に基づく表記(返品など)

刺繍のバリエーションが広がるちょっと太めなかぎ針


オートクチュール刺繍で使う「クロシェ・ド・リュネビル」の90番サイズの針と専用柄のセットです。

最も良く使用する80番と比べ、90番はひと回り太め。

30~50番手くらいの糸でステッチする場合や、80番針だと糸がひっかかって上手くできないときにはこの90番を使うと便利です。

80番だとかぎ針が小さ過ぎて見えない!なんて時には、いっそ90番を使って目のストレスを減らしてあげましょう。



<90番の使用例>


クロシェ・ド・リュネビルの90番針の使用例A ・DMCなどの25番刺繍糸(6本撚りのうちの1本)と金糸1本の2本取りでチェーンステッチ

B ・フィラガン(オートクチュール刺繍糸)と金糸1本の2本取りで。
(2色のフィラガンでステッチしてもおもしろいです。)

C・50番手の綿糸で。輪っかがふんわりとするように加減するとボリュームがでて存在感が増します。

D・40番手くらいのポリエステル糸で。撚りの甘い合繊の糸は90番を使うとスムーズにできます。

E・太めの無撚糸(撚りの掛かっていない繊維が何本も合わさった糸)で。無撚糸は引っかかりやすいので90番がオススメです。





<クロシェについてよくある質問>


Q:このクロシェの柄は80番70番の針に付け替えることができますか?
A:90番までの替え針でしたら装着可能です。120番はこの柄には入りません。

Q:この柄はクロシェセット#80または#70単品のクロシェの専用柄と同じものですか?
A:はい、同じ柄です。柄と針をお買い求めの場合はクロシェセットの方がお値段がお得です。

Q:オートクチュール刺繍初心者です。どのサイズの針を買えばいいですか?
A:まずは最もよく使用するクロシェセット#80がオススメです。
  ビーズやスパンコール付け、糸だけのチェーンステッチなど、このクロシェ1本で様々なことができます。



<商品の詳細>


柄のサイズ:長さ約12cm

針のサイズ:90番

色:茶色(木製品の為、木地・木目・色合い等が商品により異なります。)

数量:針と柄の1セット(柄と針はネジで着脱できます。)

特典:クロシェのやり方の説明書付き

配送:ゆうパケット、レターパック、ゆうパック



このページの先頭へ