海外発送/国際配送サービスの転送コム

【刺繍枠四角】68*30cmスクロールタイプ【テープ付き】

おとくなポイント Master Card, VISA, American Express, JCB, PAYPAL
Home オートクチュール刺繍とは 刺繍のやり方 ワークショップ ご利用案内 よくある質問 お客様の声 ブログ マイアカウント お問い合わせ
オートクチュール刺繍作品
オートクチュール刺繍作品 ポーチ オートクチュール刺繍作品 立体的なバラ オートクチュール刺繍作品 ブローチ

オートクチュール刺繍ってどんな作品が作れるの?どんなビーズやスパンコールを使ったらいいのだろう?そんなお客様必見のオートクチュール刺繍作品例のご紹介です。

フランス・イタリア製糸通しスパンコール

フランス・イタリアから直接仕入れている、日本ではめずらしい糸通しスパンコール。オートクチュールには欠かせない貴重な材料です。

糸通しチェコビーズ

スリーカット、シャーロット、ヴィンテージ、丸小からミクロなビーズまで、たくさんの種類とカラーのラインナップ。

刺繍枠四角

アクセサリー作りや、ちょっとした試作などに重宝する大きめの四角い刺繍枠。お部屋のスペースを取らない、コンパクトなサイズでオススメです。

About us
オートクチュール刺繍のお店
小さな手芸屋さん petite mercerie

刺繍や手芸を愛するお客様のために、日本では手に入りづらい貴重な材料を販売するお店です。
自身も刺繍作家として活動しながら、刺繍のやり方や材料の扱い方、作品例などもお客様に提案しています。
刺繍や手芸に興味を持っていただけるきっかけのお店として、また材料探しのお手伝いをさせていただくお店として活動をしております。

アトリエブログ

メルマガ登録
営業日カレンダー
今日の店長

2017年8月21日
来月は大阪のイベントに出店することになりました。早く準備しないとー!とs心がそわそわします。でもなんだかなにから手をつけていいやら。夏休みボケしました。

商品名:【刺繍枠四角】68*30cmスクロールタイプ【テープ付き】

定価: 6,480円(税込)
販売価格: 6,480円(税込)
在庫数: 残り5です
購入数:

特定商取引法に基づく表記(返品など)
刺繍台などに置いてテーブルのように使用できる四角い刺繍枠です。
デスクと棚など、同じ高さの家具に据えてもお使い頂けます。

小さなアクセサリーを一度に何個も作りたい時や、パーツの多いコサージュ、ポーチやA4サイズくらいのバックを作りたい時に重宝します。
また、ストールやスカート用の裾の刺繍にも使えます。

枠の上下は生地が巻き取れるように、丸い棒状になっています。
タペストリーなどの長いものは、くるくると巻き取りながら刺繍することができます。
(*巻き取って刺繍する時は糸だけの刺繍がオススメです。)



☆★☆生地の張り方☆★☆

準備・刺繍する布の上下左右の繊維をほぐしてまっすぐにしておきます。
(刺繍生地の長さは30cm以上にして下さい。)

1・生地の上下の端をそれぞれ刺繍枠に縫い付けます。
枠の丸い棒についている杉綾テープの端と生地の繊維の端を揃えて重ね、(*この時杉綾テープが上になるように重ねる)
まち針で仮止めし、なみ縫いで縫い付けます。(手縫い糸やミシン糸などで2本取り)

上下の縫い付け位置がちがうと地の目がずれてしまうので、まっすぐと生地がつくように、
枠の端から生地の端までの寸法を測りながら仮止めすると便利です。

*杉綾テープは上下とも枠の内側を向くように生地をセットしてください。

2・丸棒を四角い棒の両端の溝に差し込みます。
(最初は木が固いので入れにくいです。丸棒をまわしながらグリグリとねじ込むと入りやすいです。)

3・丸棒をまわして生地を巻き取り、布をピンとさせます。

4・四角い棒の穴に付属のネジを付け、しっかり固定します。

5・ 左右に布テープをつけます。

イ, 枠の左上端から始めます。(右利きの場合)
生地の端とティレットの端を揃えて、シルクピンでふたすくいで止めます。
刺繍枠の張り方、布テープ1

ロ, ティレットを枠の向こう側に垂らします。

刺繍枠の張り方、布テープ2

ハ, ティレットを向こう側から生地の方に持ってきます。

左手で写真のように布とテープをつかんで、右手でシルクピンをふたすくいで止めてください。

刺繍枠の張り方、布テープ3

刺繍枠の張り方、布テープ4

ニ, ティレットをいったん下に垂らします。

刺繍枠の張り方、布テープ5

ホ, 枠の下側を通って、向こうから生地の方に持ってきて、ピン打ちします。

刺繍枠の張り方、布テープ6

刺繍枠の張り方、布テープ7

刺繍枠の張り方、布テープ8

ヘ, ティレットを向こう側に垂らします。

刺繍枠の張り方、布テープ9

ト, 生地の方に持ってきてピン打ちします。

刺繍枠の張り方、布テープ10

刺繍枠の張り方、布テープ11

チ, ニからトを繰り返して、枠の端までテープをピン打ちします。

この通りにできていれば、ティレットがv字を描くようになっているはずです。

刺繍枠の張り方、布テープ12

リ, 下端は適当なところでピン打ちして終わりましょう。

刺繍枠の張り方、布テープ13

ヌ, 余ったティレットは切らずに、たたんでティレットにくぐらせて止めておきましょう。

刺繍枠の張り方、布テープ14

*片側にティレットをつけ終わったら、もう片側も同じようにつけます。
その時も、自分の左手方向・枠の上方からティレットをつけ始められるように、枠を回転させるか、自分が移動して作業してください。

<大事なポイント!!>
はじめにつける片側のティレットは、ゆるくもきつくもないテンションでつけていきます。
次につける片側のティレットは、目一杯強く生地とティレットを引っ張り合いながらつけます。
こうすることで太鼓のようなテンションで生地を張ることができます。



☆★☆枠をはずす場合☆★☆

1・ネジをとります。

2・丸い棒をグリグリまわしながら四角い棒からはずします。
(最初は固いので、ねじりとるようにゆっくりと作業するといいと思います。焦って力任せにはずすと壊れる可能性があります。)

3・丸い棒に付いたテープのピンを取り、生地のなみ縫いをカットしてはずします。

4・使わないときはバラしておいて、押し入れなどにコンパクトに収納できます。



枠のサイズ:横68cm×縦30cm
(刺繍生地巾最大68cmまで、長さは30cm以上から取り付けられます)

数量:刺繍枠1セットと、横固定用のテープ2m×2本のセットです。
   テープの長さは生地幅60cmくらいの時にちょうどいい長さとなっております。足りない場合はにたような布テープで代用可能です。

配送:ゆうパックのみの配送です。
このページの先頭へ