オートクチュール刺繍の材料と道具のお店『小さな手芸屋さん』

おとくなポイント Master Card, VISA, American Express, JCB
Home オートクチュール刺繍とは 刺繍のやり方 ワークショップ ご利用案内 よくある質問 お客様の声 ブログ マイアカウント お問い合わせ
オートクチュール刺繍作品
オートクチュール刺繍作品 ポーチ オートクチュール刺繍作品 立体的なバラ オートクチュール刺繍作品 ブローチ

オートクチュール刺繍ってどんな作品が作れるの?どんなビーズやスパンコールを使ったらいいのだろう?そんなお客様必見のオートクチュール刺繍作品例のご紹介です。

イベント・催事のお知らせ
フランス・イタリア製糸通しスパンコール

フランス・イタリアから直接仕入れている、日本ではめずらしい糸通しスパンコール。オートクチュールには欠かせない貴重な材料です。

糸通しチェコビーズ

スリーカット、シャーロット、ヴィンテージ、丸小からミクロなビーズまで、たくさんの種類とカラーのラインナップ。

刺繍枠回転

くるっと360°回転するオススメの刺繍枠アタッチメント。刺繍のサイズに合わせて刺繍枠は使い分けが可能です。

About us
オートクチュール刺繍のお店
小さな手芸屋さん petite mercerie

刺繍や手芸を愛するお客様のために、日本では手に入りづらい貴重な材料を販売するお店です。
自身も刺繍作家として活動しながら、刺繍のやり方や材料の扱い方、作品例などもお客様に提案しています。
刺繍や手芸に興味を持っていただけるきっかけのお店として、また材料探しのお手伝いをさせていただくお店として活動をしております。

アトリエブログ

メルマガ登録
営業日カレンダー
今日の店長

2018年8月12日
19日まで夏季休業をいただいております。久しぶりに夫の実家、マルセイユのプランドキュックを訪れています。毎晩深夜まで親族と友人の会食でいつもより疲れている気がしますが、めったにない機会をのんびり楽しんでいます。20日より通常営業いたします。大変ご不便をおかけしておりますが、何卒よろしくお願いいたします。

ビーズ刺繍とオートクチュール刺繍(リュネビル刺繍)のちがい〜【小さな手芸屋さん】のレッスン〜

ビーズ刺繍からはじめる、きらびやかな刺繍の世界

ビーズ刺繍からはじめる、きらびやかな刺繍の世界

ビーズ刺繍はもともとハンドメイド好きの方の中でも人気がありましたが、最近さらに人気なのがオートクチュール刺繍リュネビル刺繍)です。

たくさんのビーズやスパンコール、糸、本格的な刺繍枠を使ってゴージャスなアイテムを作る事ができるので、多くの女性の心を掴んでいます。

オートクチュール刺繍(リュネビル刺繍)を独学ではじめる前に、とっつきやすいビーズ刺繍から入ってビーズやスパンコールの扱いを経験するのもいいかもしれません。

ビーズ刺繍のやり方とオートクチュール刺繍(リュネビル刺繍)の技法のちがい

ビーズ刺繍のやり方とオートクチュール刺繍(リュネビル刺繍)の技法のちがい

ビーズ刺繍は普通の針を使ってビーズを縫い付けますが、オートクチュール刺繍は特殊なかぎ針を使ってスパンコールなどを縫い付ける技法が特徴的です。その技法がリュネビル刺繍と呼ばれます。

【小さな手芸屋さん】はそのリュネビル刺繍の習得をメインとしたオートクチュール刺繍のレッスンを行っています。

初心者の方でも扱いやすい刺繍枠で、チェコビーズやフランス製スパンコール、専用の糸などの本格的な材料を使ってこだわりの作品作りをお教えしております。

刺繍・手芸を趣味にするメリット

自宅で気軽に楽しめる趣味として、刺繍・手芸は人気があります。少しの材料だけでもアイディア次第で自由に作品を作る事ができ、世界に一つだけのアイテムを持つ事ができるという点は刺繍・手芸の魅力です。

自身の持ち物としてはもちろん、お世話になっている方・大切な方へ特別なプレゼントを贈りたいというときにもおすすめであり、様々な楽しみ方をする事ができます。特に、オートクチュール刺繍は平面での刺繍のみならず、立体感のある作品を作り出す事ができるため、より楽しみ方の幅が広がるでしょう。

また、手先を使う事は脳を刺激する事にも繋がります。新しい自己表現の形として楽しめますので、まずは最低限必要な道具を揃えて、簡単なものから作ってみてはいかがでしょうか?

ミニコラム

ビーズ刺繍の通販だけでなくレッスンも開催している【小さな手芸屋さん】

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-207 *実店舗はございません
TEL 045-642-4992/070-6646-8407
URL http://petitemercerie.com
このページの先頭へ