海外発送/国際配送サービスの転送コム

オートクチュール刺繍の材料と道具のお店『小さな手芸屋さん』

おとくなポイント Master Card, VISA, American Express, JCB, PAYPAL
Home オートクチュール刺繍とは 刺繍のやり方 ワークショップ ご利用案内 よくある質問 お客様の声 ブログ マイアカウント お問い合わせ
オートクチュール刺繍作品
オートクチュール刺繍作品 ポーチ オートクチュール刺繍作品 立体的なバラ オートクチュール刺繍作品 ブローチ

オートクチュール刺繍ってどんな作品が作れるの?どんなビーズやスパンコールを使ったらいいのだろう?そんなお客様必見のオートクチュール刺繍作品例のご紹介です。

フランス・イタリア製糸通しスパンコール

フランス・イタリアから直接仕入れている、日本ではめずらしい糸通しスパンコール。オートクチュールには欠かせない貴重な材料です。

糸通しチェコビーズ

スリーカット、シャーロット、ヴィンテージ、丸小からミクロなビーズまで、たくさんの種類とカラーのラインナップ。

刺繍枠四角

アクセサリー作りや、ちょっとした試作などに重宝する大きめの四角い刺繍枠。お部屋のスペースを取らない、コンパクトなサイズでオススメです。

About us
オートクチュール刺繍のお店
小さな手芸屋さん petite mercerie

刺繍や手芸を愛するお客様のために、日本では手に入りづらい貴重な材料を販売するお店です。
自身も刺繍作家として活動しながら、刺繍のやり方や材料の扱い方、作品例などもお客様に提案しています。
刺繍や手芸に興味を持っていただけるきっかけのお店として、また材料探しのお手伝いをさせていただくお店として活動をしております。

アトリエブログ

メルマガ登録
営業日カレンダー
今日の店長

2017年8月21日
来月は大阪のイベントに出店することになりました。早く準備しないとー!とs心がそわそわします。でもなんだかなにから手をつけていいやら。夏休みボケしました。

スパンコールの通販・サイト【小さな手芸屋さん】は珍しい刺繍材料が揃う〜スパンコール刺繍がされているドレスの取り扱いについて〜

通販でスパンコールを購入するなら【小さな手芸屋さん】へ
〜本場イタリアやフランスから材料を直接仕入れ〜

通販でスパンコールを購入するなら【小さな手芸屋さん】へ〜本場イタリアやフランスから材料を直接仕入れ〜

通販スパンコールやビーズを扱っている【小さな手芸屋さん】では、オートクチュールで使われるリュネヴィル刺繍向けの商品を種類豊富に取り扱っております。

リュネヴィル刺繍の本場フランスやイタリアから直接仕入れたスパンコールやビーズの他にもチェコ製の糸通しビーズ、ヴィンテージビーズ、フィラガン、ラインストーンなども展開しておりますので、ぜひ通販で作品に合わせたスパンコールやビーズをお選び下さい。

スパンコールを通販にて扱う【小さな手芸屋さん】は初心者向けの体験レッスンも開催中

スパンコールを通販にて扱っている【小さな手芸屋さん】では、リュネヴィル刺繍の魅力を一人でも多くの方に広めたいという願いを込め、不定期ではあるのですが、カルチャースクールなどで1day体験レッスンを行っております。

リュネヴィル刺繍の経験者はもちろん、初心者の方にもスパンコールやビーズを使った刺繍の魅力を知ってもらうためにレッスン内容にもこだわっておりますので、ぜひこの機会にリュネヴィル刺繍をご体験頂ければと思います。

スパンコール刺繍のドレスは取り扱いにも注意を!

スパンコール刺繍のドレスは取り扱いにも注意を!

スパンコールやビーズを使ったリュネヴィル刺繍は、一つひとつ丁寧な作業が必要です。その仕上がりは、デザインや使用するスパンコールやビーズによってもまったく異なった印象になります。

洋服やヘアアクセサリーなどにも使えるのですが、非常に細かいパーツが組み合わさって完成する刺繍ですので、普段の取り扱いにも注意が必要です。スパンコールは、一部鋭利な部分があるデザインであれば、周囲にある突起した箇所に引っかかってしまう可能性があります。特にオートクチュールドレスの刺繍に使われるリュネヴィル刺繍は、着脱の際にも注意が必要です。

また、収納時に刺繍を折り曲げてしまったり、上に重いものを置いたりすると変形してしまう可能性がありますので、確認しながらの収納をおすすめします。

ミニコラム

通販でスパンコールをお探しなら【小さな手芸屋さん】へ

販売業者 小さな手芸屋さん
住所 223-0052
神奈川県横浜市港北区綱島東1-16-23-207 *実店舗はございません
TEL 045-642-4992/070-6646-8407
URL http://petitemercerie.com
このページの先頭へ